ようこそゲストさん ユーザ登録 ログイン

25日移動平均線の下抜け

移動平均線と株価がクロスする時は相場の転換点と言われています。「25日移動平均線の下抜け」とは、株価が25日移動平均線を下に突き抜けるチャートのことを言い、下落トレンドに転換したことを意味し売りシグナルとなります。

25日移動平均線の下抜けのポイント
25日移動平均線の下抜け
  • ウォール街のチャート分析家である、ジョーゼフ・E・グランビルが50年以上も前に開発した「グランビルの法則」は、現在でも多くのトレーダーに影響を与えています。
  • 「グランビルの法則」で売りサインと示されたのが、株価が移動平均線を下抜いた時です。シグナルも非常に早く、その検知スピードはデッドクロスの数倍と言われています。
  • 高値圏でこれが出現すると相場の反転を意味します。すぐに暴落する場合もありますが、まだあまり売りが騒がれていない時期に、こっそりと売りを仕掛けることができる場合があります。
  • シグナル検知が早いので、ダマシもそれなりに多いですが、下降相場を見越して早期にポジションを減らすことができるのは強い武器になります。
  • 空売りでうまく波に乗れた場合は、握力を強くして、ストロングホールドしてみるのもよいでしょう。
  • ※このサインは25日移動平均線で計算しているため、5日移動平均線に比べ、シグナル検知スピードはやや遅くなりますが、信頼度は上がります。

本日25日移動平均線の下抜けが出現した銘柄の一覧はこちら!ユーザ登録(無料)すると閲覧できます。

関連する講座はこちら

次の講座を見てみよう

25日移動平均線の下抜けについて、あなたの見解を教えてください!

0 コメント

25日移動平均線の下抜けは…

ステータス

あなたの学習量

講座
演習問題

あなたのチャート力…0

※講座を閲覧したり、演習問題を正解するとチャート力が上昇します。
※チャート力の表示にはログインが必要です。

※ランキングの参加はユーザ登録が必要です。

ランキングをもっと見る

「銘柄LIVE」のAndroidアプリが登場!

ワンポイントアドバイス

ユーザ登録をすると、学習を記録でき、買いパターンの銘柄も見放題になります。さらに、株式投資ツールのご案内や、いま注目の銘柄など、株式投資に役立つ情報もメールします。