ようこそゲストさん ユーザ登録 ログイン

上昇トレンドへの転換(長期)

移動平均線が右上を向いているときに、株価は上昇トレンドにあると言えます。そのため移動平均線が下向きから上向きに転換した日は、トレンドが買い転換した日となります。※当サイトでは、長期移動平均は25日間としています。

上昇トレンドへの転換(長期)のポイント
上昇トレンドへの転換(長期)
  • 25日移動平均線が上向きなら、その株価チャートは長期的に上昇トレンドにあると言えます。下向きから上向きに転換したら、相場のトレンドが上昇トレンドに転換したとして、買いシグナルとなります。
  • その後、上昇の角度が急になっていけば強い上昇相場になっていることを示し、逆に緩やかな上昇角度になっていくと弱い上昇相場になっていることを示します。
  • あまり頻繁にトレンド転換が起こる場合は信頼度が下がります。長期間下落トレンドが続いた後に、このサインが出現するとより信頼度の高いトレンド転換となります。
  • 期待に反して、すぐに25日移動平均線を割り込むようなことがあれば、損切りした方がよいでしょう。

本日上昇トレンドへの転換(長期)が出現した銘柄の一覧はこちら!ユーザ登録(無料)すると閲覧できます。

関連する講座はこちら

次の講座を見てみよう

上昇トレンドへの転換(長期)について、あなたの見解を教えてください!

0 コメント

上昇トレンドへの転換(長期)は…

ステータス

あなたの学習量

講座
演習問題

あなたのチャート力…0

※講座を閲覧したり、演習問題を正解するとチャート力が上昇します。
※チャート力の表示にはログインが必要です。

※ランキングの参加はユーザ登録が必要です。

ランキングをもっと見る

「銘柄LIVE」のAndroidアプリが登場!

ワンポイントアドバイス

ユーザ登録をすると、学習を記録でき、買いパターンの銘柄も見放題になります。さらに、株式投資ツールのご案内や、いま注目の銘柄など、株式投資に役立つ情報もメールします。