ようこそゲストさん ユーザ登録 ログイン

首吊り線

首吊り線とは、ロウソク足のコマに長い下ひげがついているチャートです。日中に利益確定売りが増え安値を付けますが、その後反発期待の買いが入ります。翌日以降の株価は下落基調であることが多く、売りとなります。

首吊り線のポイント
首吊り線
  • ここで買ってしまうと、首を吊るくらい負けてしまうという、インパクトのあるシグナルです。決してココで買ってはいけません。
  • 下ひげは一見強いと感じてしまいます。しかし、高く寄り付き長い下ひげが出現したということは、日中に相当な利益確定売りが出たということです。デイトレーダーなどの短期筋は、その売りを買いで拾います。つまり株の所有者が短期筋に推移したことを意味します。ここからはババ抜きとなり、翌日以降は逃げ遅れた人達の損切り売りの嵐が始まります。こうして天井が生成されます。
  • 特に高値圏で首吊り線が出現し、それなりの出来高もある場合は要警戒です。絶対に安易に買ってはいけません。

本日首吊り線が出現した銘柄の一覧はこちら!ユーザ登録(無料)すると閲覧できます。

次の講座を見てみよう

首吊り線について、あなたの見解を教えてください!

0 コメント

首吊り線は…

ステータス

あなたの学習量

講座
演習問題

あなたのチャート力…0

※講座を閲覧したり、演習問題を正解するとチャート力が上昇します。
※チャート力の表示にはログインが必要です。

※ランキングの参加はユーザ登録が必要です。

ランキングをもっと見る

「銘柄LIVE」のAndroidアプリが登場!

ワンポイントアドバイス

ユーザ登録をすると、学習を記録でき、買いパターンの銘柄も見放題になります。さらに、株式投資ツールのご案内や、いま注目の銘柄など、株式投資に役立つ情報もメールします。