ようこそゲストさん ユーザ登録 ログイン

逆三尊

逆三尊とは、3つの底をつけ、2つ目の底が一番深くなるチャートです。ヘッドアンドショルダーとも呼ばれています。これが出現すると長期の上昇トレンドに入る可能性が大きいといわれ、買いとなります。

逆三尊のポイント
逆三尊
  • ヘッド・アンド・ショルダーズ・ボトムともいわれます。これは1回目と3回目の安値を肩(ショルダー)といい、2回目の高値を頭(ヘッド)という意味となります。
  • 3つの谷と2つの山で構成されますが、この2つの山を結んだ線を「ネックライン」といいます。株価がこれを上抜いた場合、より上昇基調が強くなります。ネックラインを上抜いてから株価が反落することもありますが、その場合の下値のメドはネックラインまでとなります。(これをリターンムーブやあや戻しと言います)。過去の高値(ネックライン)が、今後の安値メドになってしまうのです。
  • 出来高は1回目の安値をつけた箇所が一番多くなり、2回目の安値、3回目の安値と、徐々に出来高が減少していくことが多く、これにより精度を高めることが可能です。
  • 長期的な上昇相場に入る可能性も高く、今後の値動きに注目していくべきでしょう。

本日逆三尊が出現した銘柄の一覧はこちら!ユーザ登録(無料)すると閲覧できます。

関連する講座はこちら

次の講座を見てみよう

逆三尊について、あなたの見解を教えてください!

0 コメント

ステータス

あなたの学習量

講座
演習問題

あなたのチャート力…0

※講座を閲覧したり、演習問題を正解するとチャート力が上昇します。
※チャート力の表示にはログインが必要です。

※ランキングの参加はユーザ登録が必要です。

ランキングをもっと見る

「銘柄LIVE」のAndroidアプリが登場!

ワンポイントアドバイス

ユーザ登録をすると、学習を記録でき、買いパターンの銘柄も見放題になります。さらに、株式投資ツールのご案内や、いま注目の銘柄など、株式投資に役立つ情報もメールします。