ようこそゲストさん ユーザ登録 ログイン

捨て子線

捨て子線とは、窓を開けて下落した翌日に、十字線が出現したチャートです。十字線は相場の転換を示すものであり、安値圏で出現すると反転上昇の可能性が高くなります。とりわけギャップダウンして下落した後の十字線は買いサインと言えます。

捨て子線のポイント
捨て子線
  • 十字線(寄り引き同時線)は相場の転換を意味します。下落中の相場で底を見極めたい場合に利用できます。
  • 下落中の相場では、売り方は「まだ下がるのかな?」「そろそろ下げすぎかも」と徐々に疑念がわいてきます。一方買い方は「値ごろ感が出てきた」「そろそろリバウンドするのでは?」と打診買いを始めます。この売りと買いの強弱感が同じくらいだと十字線が現れます。ここが転換点になりやすいのです。
  • 買いと売りの疑念が湧いている中で発生するサインなので、すぐにリバウンドするのではなく、数日置いてから反騰することもよくあります。
  • 打診買いをするのがおすすめで、他のサインとの組み合わせや、今後のチャート次第で買い増すのがよいでしょう。

本日捨て子線が出現した銘柄の一覧はこちら!ユーザ登録(無料)すると閲覧できます。

関連する講座はこちら

次の講座を見てみよう

捨て子線について、あなたの見解を教えてください!

0 コメント

捨て子線は…

ステータス

あなたの学習量

講座
演習問題

あなたのチャート力…0

※講座を閲覧したり、演習問題を正解するとチャート力が上昇します。
※チャート力の表示にはログインが必要です。

※ランキングの参加はユーザ登録が必要です。

ランキングをもっと見る

「銘柄LIVE」のAndroidアプリが登場!

ワンポイントアドバイス

ユーザ登録をすると、学習を記録でき、買いパターンの銘柄も見放題になります。さらに、株式投資ツールのご案内や、いま注目の銘柄など、株式投資に役立つ情報もメールします。