ようこそゲストさん ユーザ登録 ログイン

たくり線

たくり線とは、窓を開けて下ひげのある陰線が出現したチャートです。株価の下落が続いた後、さらに安く寄り付き、そこから大きく下げたものの、日中に反発した状態で、下落相場が一段落したといえます。

たくり線のポイント
たくり線
  • 短期売買のトレーダーの投げ売りだけでなく、長期投資家も嫌気がさして売りが入ると一時的に株価は大きく下がります。しかし売りは枯れ、新たな買い勢力が台頭してくると長い下ひげとなり、底入れを暗示することになります。
  • 安値圏で下ひげも長く、出来高も伴う場合は底打ちした可能性が高くなり、買いとなります。
  • リバウンドのかなり初期の段階なので、まだ安値からそれほど幅がありませんので、リスクもあまりなく買うことができます。損切りの目安は下ひげを再度割り込んだ場合となります。

本日たくり線が出現した銘柄の一覧はこちら!ユーザ登録(無料)すると閲覧できます。

次の講座を見てみよう

たくり線について、あなたの見解を教えてください!

0 コメント

たくり線は…

ステータス

あなたの学習量

講座
演習問題

あなたのチャート力…0

※講座を閲覧したり、演習問題を正解するとチャート力が上昇します。
※チャート力の表示にはログインが必要です。

※ランキングの参加はユーザ登録が必要です。

ランキングをもっと見る

「銘柄LIVE」のAndroidアプリが登場!

ワンポイントアドバイス

ユーザ登録をすると、学習を記録でき、買いパターンの銘柄も見放題になります。さらに、株式投資ツールのご案内や、いま注目の銘柄など、株式投資に役立つ情報もメールします。