ようこそゲストさん ユーザ登録 ログイン

下値支持線割れ

下値支持線とは、これまでのボックス相場で安値と安値を結んだ線のことをいい、株価がこれを下回ると相場は下落トレンドに入ると言われています。ストップロスでの売りが多く出るのが特徴で、底が割れた途端に暴落することも多いです。

下値支持線割れのポイント
下値支持線割れ
  • いつも同じような安値で株価が反発していると、そこには下値支持線があると考えられます。投資家心理として、その株価水準は安値圏だと誰もが意識しているため、その水準まで株価が下落すると買いが膨らみ、結果として株価がリバウンドするのです。しかしその銘柄に対する失望感が大きくなってくると、この下値支持線を株価は割り込みます。するとこれまでの下値サポートがありませんから下値は軽くなり、一気に急落することが多いのです。
  • なるべく長期間にわたり、しっかりとした下値支持線を割れた方が急落の確率が上がります。もし保有銘柄があれば躊躇なく損切りする局面です。
  • すでに多くの投資家たちに広まった手法であるため、最近ではだましも多くなってきおり、本物の支持線割れかの見極めが重要になってきています。
  • ダマシで逆にいった場合は、下にいくと見せかけて、株価が少しだけ下離れしたとたん、急激なリバウンドを始めるなんてケースも最近では増えてきています。これは下値を割り込んだ付近にストップロスの売り注文を置く投資家が多いためで、皮肉にもそこがセリングクライマックスとなってしまう現象です。とはいえ、下値を割れて急激な下落相場に突入する可能性もあるので、やはりここで損切りしておかないと、いつか大きな痛手を負うことになります。

本日下値支持線割れが出現した銘柄の一覧はこちら!ユーザ登録(無料)すると閲覧できます。

関連する講座はこちら

次の講座を見てみよう

下値支持線割れについて、あなたの見解を教えてください!

0 コメント

下値支持線割れは…

ステータス

あなたの学習量

講座
演習問題

あなたのチャート力…0

※講座を閲覧したり、演習問題を正解するとチャート力が上昇します。
※チャート力の表示にはログインが必要です。

※ランキングの参加はユーザ登録が必要です。

ランキングをもっと見る

「銘柄LIVE」のAndroidアプリが登場!

ワンポイントアドバイス

ユーザ登録をすると、学習を記録でき、買いパターンの銘柄も見放題になります。さらに、株式投資ツールのご案内や、いま注目の銘柄など、株式投資に役立つ情報もメールします。