ようこそゲストさん ユーザ登録 ログイン
1/27 17:35 更新

ディップ(2379)

DIP Corporation
ディップ(2379)の日足チャート
AIによる高値メド予測(2020/01/27更新)
30営業日以内の高値メド…3937円(上値余地…10.92%)
※上記チャートの「AI-Predict」は、上値余地の推移です

銘柄情報(2020/1/27現在)

  • 東証1部 サービス業

売買代金…7億1000万円
発行済株式数…6200万株
時価総額…2201億円

チャート診断

ディップのチャート診断の結果を時系列に掲載しています。(直近5日間)

Timeline events

  • 2020
  • 売り ダブルトップ 2020/01/24 ダブルトップ

    1/15と1/24に天井を付けているので、ダブルトップとなります。 ダブルトップへ

  • 買い 上値抵抗線上放れ 2020/01/24 上値抵抗線上放れ

    1/24に、過去20日間の最高値である3555円を超えたので、上値抵抗線上放れとなります。 上値抵抗線上放れへ

  • 買い 上にレンジブレイク 2020/01/24 上にレンジブレイク

    1/24にボックス相場の高値を超えたので、上にレンジブレイクとなります。 上にレンジブレイクへ

  • 売り ボックス天井圏 2020/01/24 ボックス天井圏

    1/24にボックス相場の上辺付近なので、ボックス天井圏となります。 ボックス天井圏へ

  • 売り ダブルトップ 2020/01/23 ダブルトップ

    1/14と1/23に天井を付けているので、ダブルトップとなります。 ダブルトップへ

連動銘柄

以前ディップの株価が値上がりした際、それから3日以内にこの銘柄も連動して上がりました

口コミ診断

ツイッターでディップに関連する話題を収集&分析しています。

37tweet

「ディップ」に関連する口コミ

2020/01/24
バイトルのディップ、年初来高値更新
twitter bird
2020/01/22
ずーっと2379のまんま
twitter bird
立教大学の4年生だって、人手不足は需要があるんだな、バイトルは業績爆伸びで時価総額2000億だし、ここがベンチマークになりそう
twitter bird
2020/01/17
2379ディップ −4.2% レーティングなのか ひでえな
twitter bird
ディップは格下げで下げてんのか? 昨日は目標価格↑だったけどな。
twitter bird
2379ディップ、軟調。CLSAがBUY→SELL格下げ・・。
twitter bird
(格下げ続き) ディップ CLSA 「Buy」→「Sell」、3372円据え置き キーエンス CLSA 「Buy」→「Outperform」、40000円→45000円
twitter bird
三菱 日通(9062)新規OW 8300円 SGHD(9143)新規UW 2450円 CLSA キーエンス(6861)B→OP 45000円 ディップ(2379)B→S 3372円
twitter bird
2020/01/16
キンドルがバッテリ系で起動しなくなった。DELLのPCも同じ。バッテリーを切り離して電源に接続すると動くのだが今どきのやつは「バッテーリーを取り出せない」。なので廃棄みたいになっちゃう。ディップスイッチでバッテリー切り離しできるようにしてくれ。お願い。
twitter bird
ディップ3530→3480損切り
twitter bird
2020/01/15
もっと見る
投資家の話題が一目瞭然!トレーダースキャン
トレーダースキャンは、無作為に抽出した5000人の投資家たちのツイッターをリアルタイムに収集&分析して、株式市場の動向や急上昇ワードをいち早く検知します。

中国人の観光客激減で日本の第一四半期のGDPは10%近いマイナス成長で安倍ちゃんの鬼の補正予算を黒田ちゃんが量的緩和で吸収するMMTという名の財政ファイナンス かなりの確率でみれると思います(白目
twitter bird

ディップの掲示板

0 コメント

この銘柄は…

ステータス

あなたの学習量

講座
演習問題

あなたのチャート力…0

※講座を閲覧したり、演習問題を正解するとチャート力が上昇します。
※チャート力の表示にはログインが必要です。

※ランキングの参加はユーザ登録が必要です。

ランキングをもっと見る

当サイトが、「モノクロザマネー2018年12月号」に掲載されました

「銘柄LIVE」のAndroidアプリが登場!

高値予測AI

ワンポイントアドバイス

ユーザ登録をすると、学習を記録でき、買いパターンの銘柄も見放題になります。さらに、株式投資ツールのご案内や、いま注目の銘柄など、株式投資に役立つ情報もメールします。