ようこそゲストさん ユーザ登録 ログイン

デッドクロス

短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下に突き抜けることをデッドクロスといいます。ゴールデンクロスの逆で、これから長期にわたり株価の下落傾向が続く可能性が高くなり、売りシグナルとなります。

デッドクロスのポイント
デッドクロス
  • 長期移動平均線が上向きか下向きかが重要なポイントとなります。下向きになっているとより売り圧力が強くなります。上向きになっている場合は上昇トレンドに戻る可能性があります。また長期移動平均線が鋭く下向きになっている場合は、相場は短命に終わり、なだらかに下向きになっている場合は長期的な下落相場になる確率が上がります。
  • 株価の位置もクロスしている水準より下にあった方が信頼度が高くなります。
  • 日足チャートでのデッドクロスは5日線、25日線、75日線、200日線など様々に用いられます。本サイトでは短期移動平均線を5日、長期移動平均を25日としています。週足だと13週、26週を用いるのが一般的となります。
  • デッドクロスが出現したときにはすでに株価が安値圏になっていることがあります。シグナルの発生がやや遅れるのが欠点です。動きの激しい中小型株の短期売買に利用するのはあまりおススメできません。長期的なトレンドの方向性を確認するのに向いているといえます。またシグナルの発生が遅れてしまう対策として、デッドクロス直前も参考にしてみてください。
  • デッドクロスだからといって無条件に売るのはやめ、トレンドの確認に利用したり、そのほかのシグナルと併用して売りを判断するのがよいでしょう。

本日デッドクロスが出現した銘柄の一覧はこちら!ユーザ登録(無料)すると閲覧できます。

関連する講座はこちら

次の講座を見てみよう

デッドクロスについて、あなたの見解を教えてください!

0 コメント

デッドクロスは…

ステータス

あなたの学習量

講座
演習問題

あなたのチャート力…0

※講座を閲覧したり、演習問題を正解するとチャート力が上昇します。
※チャート力の表示にはログインが必要です。

※ランキングの参加はユーザ登録が必要です。

ランキングをもっと見る

「銘柄LIVE」のAndroidアプリが登場!

ワンポイントアドバイス

ユーザ登録をすると、学習を記録でき、買いパターンの銘柄も見放題になります。さらに、株式投資ツールのご案内や、いま注目の銘柄など、株式投資に役立つ情報もメールします。